女の薬剤師

薬剤師はまだまだ需要と供給の割合からすると需要の方が断然多く、病院や薬局など薬剤師を求める場所は数多くあります。
しかし、薬剤師もいつまでも需要が上回る時代は長く続かないはずですし、病院勤務は数に限りがあります。
その中で、今後も求人が増え続けるであろう分野が介護保険関係の施設などです。
今後日本は高齢化が加速し、高齢者の数は年々増加するのは確実です。
それに伴い、介護保険を利用した施設や高齢者向けの介護付き住宅が軒並み増えてきています。
このような分野は今後も成長を続けるはずです。
ただ問題点としては数が急激に増えすぎたことにより、新卒で入職した時点から一人職場というところも少なくないようです。
まだ知識も浅い状態で何か問題点が起こった時に相談できる上司や同僚が居ないのはかなり厳しいと思います。
さらに条件的には確実に病院勤務よりも施設勤務のほうがいいですが、土日勤務があったりとそれなりの理由もあるようです。

中年女性の薬剤師

少し前は理学療法士を養成する専門学校や大学はまだ少なく、病院勤務の理学療法士の求人が沢山ありました。
5~6年くらい前までは一人に対して病院からの求人は2~3か所は当たり前、さらに10年くらい前は一人に対して5つ以上の求人があり、条件を見比べて選ぶこともできました。
しかし、今は理学療法士を養成する専門学校や大学が沢山でき、学校によっては定員割れするところも出てきたくらいです。
当然、毎年多くの卒業生を輩出し、国家試験の合格率も7割以上ですから、かなりの数の理学療法士が誕生するわけです。
ですが、理学療法士の歴史はまだ浅く、第一回目の国家試験を合格した方々がようやく定年を迎えるような状態なので、若い理学療法士の入る隙がまだないのが現状です。
経験を積むなら病院勤務という時代は昔の話で、今は病院からの求人は氷河期です。
ましてや総合病院や大学病院などの条件のいい病院からの求人はなかなか出てきません。
もし産休代替えや契約社員の募集を見つけたら、とりあえず受けてみることをお勧めします。

黄色い服の薬剤師

医療関係の求人は近年とても多くなっています。
特に薬剤師と理学療法士の求人は多い傾向にあり、毎年多くの人々がそれらの職業についています。
薬剤師や理学療法士はどちらも医学系の大学に行かなければ就くことが出来ない職業であるために、人気が高くなっています。
また、それと同時に薬剤師や理学療法士になるための大学や専門学校などの数も年々多くなっている傾向にあるために、理学療法士や薬剤師などになりやすくなっています。
そのことによって求人の数はもちろんのこと、求人に記載されている様々な条件も良くなっている傾向にあるために人気の高い仕事の一つとなっています。
その上に、女性にも優しい勤務条件がそろっていることも多くあるために、育児や家事などを両立することが出来るために良い仕事となっています。
また、薬剤師や理学療法士と言う職業は医師と同じように比較的時給なども安定している上に資格があるために勤務地を離れても次の職場を探しやすいようになっています。
そのために急な引っ越しや転勤などがあった時にも求人さえあれば多くの場合において仕事を見付けることが出来る様になっているために薬剤師や理学療法士の資格を取得しておくと求人広告などを見る時にも早く決定することが出来る様になるために良いとされています。
また、医療関係の求人の中で最もといっても過言ではない程にこの薬剤師と理学療法士の求人は年々多くなっている傾向にあります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930